結515について

「結515」について



「結515」は、2022年5月15日の「沖縄の本土復帰50周年」を迎えるにあたり、
「復帰っ子」と呼ばれる1972年生を中心とした有志が集い、復帰以前生まれ、また復帰以降生まれの皆で一緒に「沖縄」をテーマとしてつながっていく活動を行おうという団体で2021年5月15日に結成しました。

未来の沖縄、そして世界から貧困がなくなり、愛の溢れる世界になるように、またそのひとつのきっかけになるように、
2022年の復帰50周年に向け、またそれ以降も、我々「結515」は働きかけたいと思います。

また、復帰50周年のみならず、将来にむけ、持続可能な活動・支援を続けていくため、2021年8月に「一般社団法人 結515」になりました。今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

活動のテーマはふたつ

命をつなぐ
現在の沖縄の子どもは、約4人に1人が貧困状態にあり毎日の3食の食事にありつけない子どもたちも多くいる現状です。
この沖縄からこどもの貧困をなくして笑顔を取り戻し、未来の沖縄、ウチナーンチュとそれを創るこどもたちに、歴史や時代と同じように「命をつなげたい」


沖縄の文化・歴史をつなぐ
アジア大国に囲まれながらも知恵を働かせて生き抜いた琉球時代、日本とともに歩んできた時代、悲惨な戦争のこと、アメリカ世、復帰、日本の一県としての50年。そして未来。
復帰前の、そして復帰後のウチナーンチュがそれぞれ生きた「文化と歴史を、未来へとつなげたい」


シンボルマークについて



きっかけは沖縄本土復帰50周年
ロゴマークに込めた想いは「結どぅ宝(繋がりこそ宝)」
みんなで繋がろう・仲良くしよう 今こそ沖縄から全てをつなげよう
さあみんなで「結515」

その他、活動していきたいこと

その他、以下のような未来へ向けての取り組みを模索・企画していきます。

◎未来の子供達への基金の創生
 貧困を無くすためのサステナブルな仕組みづくり

◎日本、世界中のウチナーンチュとつながろう
 世界をつないで、復帰50歳をお祝いしよう!

◎悲しい歴史を忘れないために
  今、戦争を語り伝えるドキュメンタリー映画のクラウドファンディング

◎1972.4.28「屈辱の日」を再現 復帰のあの年とつながろう
 沖縄辺戸岬と与論島でたいまつを焚き、あの日と同じく
 光でつなぐ北緯27度(沖縄と与論島の間)海上で握手でつながろう

◎「あの日を忘れない」辺戸岬に復帰50周年記念碑を建立
 今後の復帰100周年、150周年に繋げていけるような記念碑を建立

◎50募金でお祝いしよう
 50円以上の募金を集め、子どもたちの未来へつながる活動へ
 50円募金箱設置・オンライン寄付などを検討

一般社団法人 結515 法人概要

■名称
一般社団法人 結515
■所在地
沖縄県那覇市泉崎2-3-3 オフィス泉崎2-A
■連絡先
Tel.080-1377-0515
eメール:contact@yui515
■設立
令和3年5月15日 結成
令和3年8月30日 法人設立
■役員
代表理事 比嘉盛也
代表理事 川田広樹
理事 宮里圭
理事 玉村剛
理事 座安雄照
理事 神谷政成
理事 与儀幸治
理事 新里哲也
理事 又吉美也子
理事 喜屋武浩行
監事 平安信彦
■事業内容
1.沖縄の文化・歴史・芸能等のイベントの企画、運営
2.地域の自然・伝統技術等のイベントの企画、運営
3.こども支援事業及び社会貢献・環境保全に関する活動
4.文化交流事業、地域振興事業
5.沖縄の文化・歴史等の情報収集、情報発信、各種サポート活動
6.映画・演劇・演芸・音楽等の企画、制作、開催
7.その他前各号の目的を達成するため必要な事業